本文へスキップ

住まいを作る楽しみについて考える

リノベーションについて考えてみました

最近「リノベーション」という言葉を、よく耳にするようになりました。
私も近い将来住み替えを考えているので、このリノベーションについても、
色々調べたり考えたりしているんですね。

そこでこのサイトでは、自分への備忘録も兼ね、リノベーションについてまとめてみました。
これから引っ越しを考えている方の参考にも、していただけたら嬉しいです。

リノベーションは住まいを「作る」という考え方

リノベーションの考え方の元になっているのは、
「住まいは作るものだ」
という考え方なんだそうですね。

住まいというと、私達のほとんどにとっては、分譲のマンションや住宅を購入したり、
また賃貸住宅を選んだりという、
「買う」か「選ぶ」ものになっていると思います。
でも考えてみれば、それはごくごく最近のことで、住宅は元々すべて、基本的に
「自分で作る」ものだった訳ですよね。
(あ、もちろん実際に作るのは大工さんですけどね)

でも
「住まいを作ることなど、一部のお金持ちだけのものなのでは?」
と思う人もいると思います。
住まいを作るためには、まずは一戸建ての住宅でなければならないし、
それを「注文住宅」という形で、分譲住宅を買うより高いお金を払って、
建築家に設計してもらわないといけない・・・、と。

でもリノベーションは、その「住まいを作る」ことを、
もっと一般の人が手軽に行えるようにしようじゃないか、という考え方なんですよ。

中古マンションが出発点

リノベーションの出発点になるのは、基本的に「中古マンション」です。
中古マンションは、まず一戸建ての注文住宅よりはるかに安い値段で買えるのは、
間違いないことですよね。
多くの場合、同じ条件なら新築マンションより安くなります。

それでこの中古マンションに、自分なりに手を加えて、自分の好きな空間を作っていく・・・、
それがリノベーションだという訳なんです。

だから価格的には、新築注文住宅を作るより、
やるかに安く、「住まいを作る」ことが実現できるということなんですね。

「リフォーム」と「リノベーション」はどう違うの?

リノベーションは最近聞くようになった言葉ですが、同じような意味合いの言葉として、
「リフォーム」があると思います。
「マンションをリフォームする」というのは、古くなったマンションに手を加えて、
新しい状態に戻すという意味だとは分かりますよね。

それではこのリフォームとリノベーションとは、どのように違うのでしょうか?

それはですね、リフォームもリノベーションも、
どちらも「新しい状態にする」ことは同じなんですが、リフォームの場合は、
その中古マンションが建てられた時の、「元の状態に戻す」という意味であるのに対して、
リノベーションは、元々の中古マンションが設計されたのと、
全く違った設計に基づいて、新しい状態に戻すということになるんです。


ですから例えばリノベーションでは、「間仕切り壁を外す」なんてことが、
しょっちゅう行われるわけなんですよ。

間仕切りの壁は、住宅設計の基本となるわけですよね。
ですからリフォームでは、間仕切り壁のクロスを代えたりしてきれいにすることはあっても、
間仕切り壁そのものを取り外してしまうことは、基本的にはない。
外してしまえば、元々の設計を変更してしまうことになるからですよね。

ところがリノベーションでは、間仕切り壁を外し、それまでは寝室だった部屋を
リビングにしてしまうとか、設計の根本的な変更が行われるというわけなんです。

リノベーションは古いマンションほどやりやすい

リノベーションはですから、古いマンションほど、やりやすいことになる訳です。
マンションも、まだそのまま使える状態ならば、クロスを張り替えるくらいで
使ってしまいたいところですよね。
でも30年くらい経った古いマンションの場合だったら、もっと根本的な改装を
行わないといけなくなる場合がある。

そのような改装が必要な古いマンションを選ぶと、
「そのついでにリノベーションをしてしまう」
ということが、やりやすいということなんですね。

もちろんリノベーションにはお金がかかることはもちろんですが、
その分、マンションの取得費用が安く抑えられることになるので、一般庶民である私達のような者にも、
それによって「住まいを作る」楽しみが、味わえるということなのだと思います。